観察実習に行ってきました〈後編〉


少し間が空いてしまいましたが、前回の『観察実習にいってきました〈前編〉』に続いて、2日目の様子をお伝えします。

2日目は1日目の経験を活かし、ちょっとステップアップした実習。

朝の会の時間帯に、子どもたちの前で「手あそび」と「絵本の読み聞かせ」を行ってきました♪

内容選びから・・・

・・・と言っても、簡単にできることではありません。

保育園の先生方のように、子どもの前に立って何かをするのは初めての1年生。

もちろん、計画、準備、練習が必要です!!

まずはその様子から。

音楽や歌に合わせて、手を使って遊ぶ「手遊び」♪

保育園ではちょっとした時間帯によく行われる遊びです。

絵本の読み聞かせ。

これも、一日に何回も行う機会があります。

これで準備は万端!?

いざ実践

当日はというと・・・

少し緊張しながらも、どのクラスでも練習よりもいい表情で行い、子どもたちにも楽しんでもらうことができました☆

2日目とあって、子どもたちも名前や顔を覚えてくれていて、すっかり打ち解けた様子。

距離が縮まったことで、子どもの言葉や行動をしっかりと観察し、理解を深めるきっかけとなりました。

その後、学校では・・・

また、2日間の実習を終えたあとは、それぞれ入ったクラスで学んだことの報告会を行いました。

年齢毎の子どもの特徴、先生方の仕事内容、今回初めて保育体験をしてみての感想等々。

半年後には2年次の長期実習が始まります。

そのことも視野に入れながら、1年次のうちから少しずつ準備を進めているのです!

早い段階からの取り組みが、2年次の実習(こども科2年生保育所実習に向けて)へと繋がっている?! かどうかは、また次回!!(予定)

高校1・2年生のみなさんへ
©;2020 CARRER COLLEGE SUGAWARA-GAKUEN

ページの
先頭へ