歯科衛生科

厚生労働大臣指定「歯科衛生士」養成校

3年課程 男・女 40名

口腔衛生に必要な
知識・技術を
実践的に身につけた
歯科衛生士を目指します。

歯科衛生科の特長

特長1
他科連携の指導で専門性の高い授業が学べる

特長2
求められる知識と技術を身につける充実の3年間

特長3
歯科医療設備が充実した実習室でノウハウを身につける

目指す資格

歯科衛生士(国家資格)

歯科診療補助、歯周病を予防するための歯石除去、フッ化物塗布などの予防処置、歯科保健指導など、口腔の健康を維持・増進する仕事に必要な資格です。

活躍する職場

  • 歯科医院
  • 総合病院
  • 保健所
  • 介護老人保健施設
  • 歯科関連企業
  • 介護老人福祉施設
  • 保健センター
  • 教育・行政機関 など

主な授業紹介

  • 歯周予防演習

    歯石やプラークを除去し、虫歯や歯周病を予防するためのノウハウを身につけます。

  • 歯科診療補助法

    診療の流れや準備物、器具や材料の使い方なども深く理解していきます。

  • 歯科保健指導法

    患者様一人ひとりに合わせたブラッシング法を学習します。

  • 歯科放射線学

    デジタルX線撮影装置を使用して撮影前の準備を歯科医師からの指導の下行います。

  • 臨床総合演習

    他科の学生を模擬患者さんとして、治療計画を立て実施していきます。

  • 情報処理

    プレゼンテーションや資料作成などにも必要なパソコンの基礎知識を身につけます。

実習を行う前の基本的な知識について学習します。

菊地 千代子先生
担当教科
歯周予防法 ほか

国家試験合格のポイント

受験は、卒業の見込みを得てからとなります。それまでしっかり国家試験対策をしましょう。

  • 出題傾向に
    沿った国家試験
    対策講義
  • 1年次からの
    国家試験を
    意識した講義
  • レベルに
    合わせた
    個別指導
  • 試験日に
    照準を定めた
    模試・補習

実践的な学び

知識と技術を身につける校内演習

歯周予防演習

超音波スケーラーという機械を使用して歯石を除去しています

実践力と応用力を身につける臨床実習

歯石除去

歯科医師と歯科衛生士から指導を受けながら実際の現場で患者様に行います。

演習・実習のポイント

  • スケーラーの刃は歯面に対して15度前後に当てる
  • 歯面への除石圧は40~80gのフェザータッチで行う
  • ストロークは垂直・斜め・水平の3方向を使い分けて使用する
  • 歯面を傷つけないように刃の側面を使う
  • 一点に留まらず常に移動させる

時間割例(1年前期)

  時間 mon tue wed thu fri
1 9:00-9:50   歯科衛生士概論 生化学    
2 10:00-10:50 化学 微生物学 心理学 情報処理
3 11:00-11:50 歯周予防演習Ⅰ 歯周予防演習Ⅰ
4 12:40-13:30 歯周予防演習Ⅰ 解剖学Ⅰ 歯周予防演習Ⅰ 口腔解剖学 倫理学
5 13:40-14:30 組織発生学 生物学
6 14:40-15:30 生化学 文章理解 歯周予防法
7 15:40-16:30 診療補助法Ⅰ 英語Ⅰ 生理学 歯科衛生士概論
8 16:40-17:30  

時間割例(2年後期)

  時間 mon tue wed thu fri
1 9:00-9:50 歯周予防演習Ⅱ     小児歯科学 高齢者歯科学
2 10:00-10:50 歯科保健
指導法Ⅱ
材料学
3 11:00-11:50 歯周予防演習Ⅱ
4 12:40-13:30 歯周病学Ⅱ 保育・食育学 歯科矯正学 障害者歯科 歯周予防演習Ⅱ
5 13:40-14:30 歯科放射線学
6 14:40-15:30 歯型彫刻 歯周病学Ⅱ 歯科診療
補助法Ⅱ
7 15:40-16:30   口腔衛生学Ⅱ
8 16:40-17:30    

カリキュラム

1年次 歯科医療の基礎を習得する

  • 歯科医療の基礎を学び実践力の土台づくりをします。
  • 歯科医院などの臨床実習も体験します。
基礎分野
  • 化学
  • 生物学
  • 心理学
  • 倫理学
  • 英語Ⅰ
専門基礎分野
  • 解剖学Ⅰ
  • 組織・発生学
  • 生理学
  • 生化学
  • 口腔解剖学
  • 病理学
  • 薬理学
  • 微生物学
  • 口腔衛生学Ⅰ
専門分野
  • 歯科衛生士概論
  • 歯周病学Ⅰ
  • 修復・歯内療法学
  • 歯科補綴学
  • 口腔外科学Ⅰ
  • 感染予防学
  • 齲蝕予防法
  • 歯周予防法
  • 歯周予防演習Ⅰ
  • 歯科保健指導法Ⅰ
  • 歯科診療補助法Ⅰ
  • 臨地実習Ⅰ
選択必修科目
  • 情報処理
  • 文章理解

2年次 実践的な学びを積み重ねる

  • 他科連携で幅広い知識を身につけます。
  • チーム医療の基本を臨床実習で習得します。
基礎分野
  • 英語Ⅱ
専門基礎分野
  • 歯型彫刻
  • 口腔衛生学Ⅱ
  • 公衆衛生学
専門分野
  • 歯周病学Ⅱ
  • 口腔外科学Ⅱ
  • 歯科矯正学
  • 小児歯科学
  • 障害者歯科学
  • 高齢者口腔保健学
  • 歯科材料学
  • 臨床検査法
  • 歯科放射線学
  • 歯周予防演習Ⅱ
  • 歯科保健指導法Ⅱ
  • 歯科診療補助法Ⅱ
  • 保育・食育学
  • リハビリテーション学
  • 介護技術学
  • 臨地実習Ⅱ
選択必修科目 臨床総合演習Ⅰ

3年次 国家試験・就職に万全の対策

  • 対策授業で国家試験合格を目指します。
  • 即戦力・実践力を養い就職内定を目指します。
基礎分野  
専門基礎分野
  • 解剖学Ⅱ
  • 衛生統計学
  • 衛生行政・社会福祉学
専門分野
  • 歯周予防演習Ⅲ
  • 歯科保健指導法Ⅲ
  • 口腔保健管理学
  • 歯科診療補助法Ⅲ
  • 摂食嚥下学
  • 臨地実習Ⅲ
選択必修科目
  • 臨床総合演習Ⅱ
  • 隣接医学
  • 歯科医療事務
  • 特別研修
  • 国家試験対策

在校生インタビュー

開放感のある環境に感激し入学
自分の色が活かせる進路をつかみたい

オープンキャンパスに参加した際、周囲に緑が多く開放感のある環境に感激して入学を決めました。分かりやすい授業はもちろんですが、どの先生方も気さくで話しやすく、相談などもしやすいです。卒業までしっかりと勉強をがんばって、自分の色が活かせる進路をつかみたいと思っています。

歯科衛生科 2年
金 智矢さん
秋田県 秋田北鷹高等学校出身

専門職への道

歯科衛生士への道

歯科衛生科3年
渡辺 早貴さん
福島県 郡山東高等学校出身

信頼できる先生との出会い

気さくな先生方の言葉で意欲が高まりました

入学当初は勉強についていけるか不安がありましたが、先生方がとても気さくに、親身に話を聞いてくださったことで意欲が高まりました。

相互実習

緊張感のなかで配慮すべきことを痛感

初めてクラスメイトを相手に実習した時は、とても緊張しました。技術以外にも配慮すべきことがたくさんあることを肌で学びました。

臨床実習

自分の将来について具体的に考えるように

多くの先輩歯科衛生士さんと出会えたことで、自分はどんなことに関心があり、どんな歯科衛生士になりたいのか考えるようになりました。

国家試験対策

クラスの仲間と一緒に苦手分野を克服

模擬試験の復習や、これまでの試験で書き留めたノートを見返した他、友達と教え合うことで苦手分野を克服するよう努力。自信が深まりました。

活躍する卒業生

経験豊富な先生方の下、基礎からしっかりと学べたことが今につながっています

患者様の食べる喜びや健康を保つためのお手伝いができ、自分がその役に立っていると感じられることがやりがい。経験豊富な先生方の下、しっかりと基礎から応用を学べたことが今につながっています。

歯科衛生士 後藤 美咲さん
医療法人社団青葉会
かさはら歯科医院 勤務[宮城県仙台市]
歯科衛生科 2013年度卒業
山形県 山形城北高等学校出身

学科ブログ

 

動画で校内探検してみよう!

©;2019 CARRER COLLEGE SUGAWARA-GAKUEN

ページの
先頭へ