作業療法科

厚生労働大臣指定「作業療法士」養成校

リハビリテーション教育評価機構による評価認定施設

4年課程 男・女 40名

4年間の実践的な学びによって、

様々な医療現場に対応して
能力を発揮できる、

作業療法士を目指します。

作業療法科の特長

特長1
医療人として必要な基礎知識を身につける

特長2
現場での実践力を養う充実のカリキュラム

特長3
地域医療・福祉の中で活躍できる力を育む

目指す資格

作業療法士(国家資格)

心身に障がいのある方に対し、応用動作の能力や社会適応能力の回復を図る、作業療法士として働くために必要な資格です。

高度専門士

卒業と同時に取得することができ、大学院の受験資格が得られます。

活躍する職場

  • 病院
  • 介護老人保健施設
  • 老人福祉施設
  • 身体障害者更生療護施設
  • 行政機関
  • 精神科病院
  • リハビリテーションセンター
  • 訪問看護ステーション
  • 児童発達支援センター
  • 教育・研究機関 など

主な授業紹介

  • 解剖学Ⅰ

    精密な人体模型やパーツごとに分かれた骨などを使用。人体の仕組みを通して基礎医学について学びます。

  • 作業療法技法Ⅱ(木工系)

    陶芸などの作業を体験し、作業工程が上肢機能や心理面にどのような治療的意味をもつかを分析します。

  • 作業分析論

    さまざまな道具を使って、障がいのある場合の動きを模擬体験し、観察方法を学ぶ授業です。

  • 整形疾患の治療学各論

    病気やけがによって手がうまく使えなくなったときの治療方法を学ぶ授業です。

  • 日常生活活動学

    日常生活の中の動作を体験し、運動学的観点から障がいのある方の自立に向けた治療・援助方法を学びます。

  • 作業療法評価学Ⅰ(身体機能系)

    作業療法で用いられる評価の目的・方法、用いられる疾患について学びます。

人との関わりを大切にして、思いやりの心を持った作業療法士を目指しましょう!

金田 翔子先生
担当教科
地域作業療法学、老年期障害の作業療法 ほか

実践的な学び

知識と技術を身につける校内演習

心身機能の検査に基づき治療につなげる演習
「治療学総合Ⅰ・Ⅱ」

手を動きやすくする訓練法と筋力の検査法を学び、生活の中で作業活動を用いた治療を学びます。

さまざまな作業活動を用います
趣味・余暇活動、仕事、遊びなどに関連するさまざまな作業活動を用いて、身体だけでなく、心の治療も学びます。

演習のポイント
  • 麻痺の程度を把握する
  • 関節の動く範囲を理解する
  • 筋力を検査する

実践力と応用力を身につける臨床実習

脳卒中後のリハビリテーション

退院後の生活支援に向けて、「食事」と「調理」の動作を理解し、実践できるように道具や環境の整備や訓練法を身につけます。

食事が自分で行えるようにします 手が動かなくなったり、力が弱くなったり、関節が硬く固まってしまうことにより、食事が上手に行えなくなってしまいます。訓練や道具の使用にて自立を目指します。

演習のポイント
  • 食事姿勢の観察を行う
  • 食物を口まで運ぶ手の機能を理解する
  • 机や椅子や食器など環境調整に目を向ける

時間割例(1年後期)

  時間 mon tue wed thu fri
1 9:00-9:50 リハビリ
テーション
概論
  生理学 生理学実習 保健体育演習
2 10:00-10:50
3 11:00-11:50   運動学 医学関連
英語
4 12:40-13:30   運動学 コミュニケーション論 医学関連
英語
5 13:40-14:30 地域作業
療法学Ⅰ
臨床心理学 日常生活
活動学
6 14:40-15:30 病理学 解剖学Ⅰ  
7 15:40-16:30    
8 16:40-17:30  

時間割例(2年前期)

  時間 mon tue wed thu fri
1 9:00-9:50 リハビリ
テーション
医学
作業療法
評価学Ⅰ
(身体機能系)
運動
学実習
作業療法
評価学Ⅱ
(機能系)
体表
解剖学
2 10:00-10:50
3 11:00-11:50 内科学/
老年学
整形
外科学
4 12:40-13:30 内科学/
老年学
地域作業
療法学Ⅱ
作業療法
評価学
総合Ⅰ
作業療法
評価学Ⅲ
(精神心理系)
整形
外科学
5 13:40-14:30 作業療法
治療学総論
  内科学/
老年学
神経
内科学
6 14:40-15:30  
7 15:40-16:30   整形
外科学
義肢
装具学
8 16:40-17:30

カリキュラム

1年次 医学の基礎を習得する

  • 人体の構造など基礎医学を学習します。
  • 作業療法士としての意識を高めます。
基礎分野 科学的思考の基礎
人間と科学
  • 心理学
  • 生物学
  • 社会福祉学
  • 英語
  • 保健体育演習
  • 医学関連英語
  • コミュニケーション論
専門基礎分野 人体の発達と機能
及び心身の発達
  • 解剖学Ⅰ
  • 解剖学実習
  • 生理学
  • 生理学実習
  • 運動学
  • 人間発達
疾病と障害の成り立ち
及び回復過程の促進
  • 医学概論
  • 病理学
  • 臨床心理学
  • 公衆衛生学
保健医療福祉と
リハビリテーションの理念
  • リハビリテーション概論
専門分野 基礎作業療法学
  • 作業療法概論
  • 基礎作業学
  • 作業療法技法Ⅰ(革細工系)
  • 作業療法技法Ⅱ(木工系)
作業療法評価学
作業治療学
地域理学療法学
  • 地域作業療法学Ⅰ
  • 日常生活活動学
臨床実習

2年次 専門分野を実習で理解する

  • 疾患や障がいなど専門分野を学びます。
  • 見学・検査測定実習で理解を深めます。
基礎分野 科学的思考の基礎
人間と科学
 
専門基礎分野 人体の発達と機能
及び心身の発達
  • 体表解剖学
  • 運動学実習
  • 臨床運動学
疾病と障害の成り立ち
及び回復過程の促進
  • 内科学/老年学
  • 小児科学
  • 薬理学
  • 言語聴覚概論
  • 精神医学
  • 整形外科学
  • 神経内科学
保健医療福祉と
リハビリテーションの理念
  • リハビリテーション医学
専門分野 基礎作業療法学
  • 作業分析論
作業療法評価学
  • 作業療法評価学Ⅰ(身体機能系)
  • 作業療法評価学Ⅱ(機能系)
  • 作業療法評価学Ⅲ(精神心理系)
  • 作業療法評価学総合Ⅰ
作業治療学
  • 義肢装具学
  • 作業療法治療学総論
  • 整形疾患の治療学総論
  • 中枢疾患の治療学総論
  • 難病疾患の治療学総論
  • 精神障害の作業療法Ⅰ
地域理学療法学
  • 地域作業療法学Ⅱ
臨床実習
  • 臨床実習Ⅰ

3年次 臨床実習で専門性を深める

  • 広く深く学び専門性を高めます。
  • 評価・治療実習で知識と検査技術を統合します。
基礎分野 科学的思考の基礎
人間と科学
 
専門基礎分野 人体の発達と機能
及び心身の発達
  • 解剖学Ⅱ
疾病と障害の成り立ち
及び回復過程の促進
 
保健医療福祉と
リハビリテーションの理念
 
専門分野 基礎作業療法学
  • 作業の治療的応用論
作業療法評価学  
作業治療学
  • 整形疾患の治療学各論
  • 中枢疾患の治療学各論
  • 難病疾患の治療学各論
  • 老年期障害の作業療法
  • 発達障害の作業療法
  • 精神障害の作業療法Ⅱ
  • 高次脳障害の作業療法Ⅰ・Ⅱ
  • 治療学総合Ⅰ・Ⅱ
地域理学療法学  
臨床実習 臨床実習Ⅱ・Ⅲ

4年次 実践力を高め国家試験へ

  • 長期の総合実習で実践力と応用力を養います。
  • 実践力を高め国家試験突破を目指します。
基礎分野 科学的思考の基礎
人間と科学
  • 統計・情報科学
  • 医療倫理論
専門基礎分野 人体の発達と機能
及び心身の発達
  • 総合医学
疾病と障害の成り立ち
及び回復過程の促進
  • 画像診断学
    総合臨床学
保健医療福祉と
リハビリテーションの理念
 
専門分野 基礎作業療法学
  • 基礎作業療法学研究法
作業療法評価学
  • 作業療法評価学総合Ⅱ
作業治療学
  • 総合作業療法学Ⅰ〜Ⅲ
  • 治療学総合Ⅲ
地域理学療法学
  • 地域作業療法学Ⅲ
臨床実習
  • 臨床実習Ⅳ

※一部カリキュラムの変更を予定しています。

在校生インタビュー

理想的な環境で、作業療法士の国家資格取得を目指しています

作業療法士を目指す私にとって、充実した設備、いつも学生のことを気にかけてくださる先生方、そして同じ目標を持っているクラスメイトの存在があり、理想的な環境で勉強しています。作業療法士の国家資格取得を目指して、日々頑張っています。

作業療法科2年
平松 和哉さん
山形県 山本学園高等学校出身

専門職への道

作業療法士への道

作業療法科4年
工藤 栞音さん
山形県 鶴岡中央高等学校出身

臨床実習に向けて

座学で吸収した知識を実践の場で活用

臨床の場で必要となる実力が養われました。座学で吸収した知識を実践の場で応用することの重要性を、肌で実感しました。

保福祭

学内が一つにまとまって盛り上がる

日頃は勉強に集中していますが、この時だけは先輩も後輩も関係なく、学内が一つにまとまって盛り上がります。他科の学生とも交流できました。

同級生、先輩の存在が力に

信頼できる仲間との充実した学生生活

同じ目標を持った仲間たち、実習での経験や勉強のことなどを真剣に教えてくださる先輩方。信頼できる仲間との生活はとても充実しています。

整った環境で

回復期の患者様を担当する作業療法士へ

早期から国家試験対策に取り組み、先生方のサポート体制も万全。病院で回復期の患者さまを担当する作業療法士を目指して努力を続けています。

活躍する卒業生

“楽しいリハビリを提供すること”がモットー
患者様のひたむきな想いに応えたい

私のモットーは“楽しいリハビリを提供すること”です。病気や障がいと向き合いながら懸命に生活する患者様に、少しでも楽しく、快活に取り組める作業をご提供したいと考えながら業務にあたっています。

作業療法士 小野寺 彩さん
IMSグループ 西仙台病院 勤務[宮城県仙台市]
作業療法科 2012年度卒業
宮城県 仙台高等学校出身

学科ブログ

 

動画で校内探検してみよう!

©;2019 CARRER COLLEGE SUGAWARA-GAKUEN

ページの
先頭へ