入学サポート制度について

資格特待生制度

制度の概要

所有している資格によって学費を減免する制度です。

区分 指定資格 減免額 申請方法
資格
A特待生
公益財団法人 日本愛玩動物協会
愛玩動物飼養管理士 2級または準2級
100,000円
(初年度授業料より)
・入学願書Ⓐに必要事項を記入
・資格、合格証の写しを添付 
資格
B特待生
下記のいずれかに該当する方
・3級以上の資格を1種目有している方
・国家資格を有している方
50,000円
(初年度授業料より)

申請期間

出願区分別に設定している出願締切に準ずる

試験特待生制度

制度の概要

本制度は入学選考とは異なり、筆記試験の結果により学費の減免を受けることができる制度です。
試験結果に応じてランクが認定され、初年度授業料の一部を減免いたします。
※選考の結果ランク認定されない場合もあります。

特待生制度ランク一覧

認定ランク 減免額 適用
Sランク 200,000円 初年度授業料から減免
Aランク 150,000円
Bランク 100,000円
Cランク 50,000円

選考方法

国語(古文・漢文を除く)+一般常識問題

申請方法

入学願書Ⓐに必要事項を記入

申請受付期間・試験日

特待生試験種 Ⅰ期

試験種 申請受付期間 試験日 備考
Ⅰ期 令和3年10月1日(金)

令和3年11月12日(金)
令和3年11月27日(土) 全出願区分において
Ⅰ期・Ⅱ期の最大2回
受験可能
Ⅱ期 令和3年10月1日(金)

令和4年2月7日(月)
令和4年2月19日(土)

※AO入学で出願の方は令和3年9月15日(水)から受付いたします。

選考結果通知

試験後14日を目途に郵送にて通知

試験地

青森市・秋田市・盛岡市・山形市・福島市

上記5都市の試験会場は申込者に追ってご連絡いたします

仙台市

専門学校デジタルアーツ仙台
仙台市青葉区本町2-11-10
フリーダイヤル0120-329080

各種優遇制度

制度の概要

菅原学園の卒園児・親族の在籍履歴・高校時代の活動等で減免をする制度です。

申請受付期間

出願区分ごとに設定されている出願期間に準ずる

制度種別

卒園児・親族優遇制度

選考基準
  • 出願者本人が「鶴ヶ谷幼稚園」「鶴が丘幼稚園」「こどもの国幼稚園」「鶴ヶ谷マードレ保育園」のいずれかを卒園している方
  • 出願者の「保護者」「兄弟」「姉妹」のどなたかが菅原学園の専門学校を卒業、あるいは在学中の方
  • 兄弟姉妹で同時に菅原学園の専門学校へ入学する方(1名分のみ適用)
減免額 120,000円(入学金より)
必要書類
  • 入学願書Ⓐに必要事項を記入

皆勤優遇制度

選考基準
  • 令和4年3月高等学校等を卒業見込みの方
  • 調査書作成時、皆勤の方(出席停止は除きます)
減免額 50,000円(初年度授業料 より)
必要書類
  • 入学願書Ⓐに必要事項を記入

部活動優遇制度

選考基準
  • 令和4年3月高等学校等を卒業見込みの方
  • 高等学校等で3年間同一部活動を継続された方(顧問の先生からの署名・捺印が必要)
減免額 50,000円(初年度授業料 より)
必要書類
  • 入学願書Ⓐに必要事項を記入
  • 各種優遇制度適用申請書Ⓖ

課外活動優遇制度

選考基準
  • 令和4年3月高等学校等を卒業見込みの方
  • 生徒会やボランティア活動へ積極的に参加した方 (担任の先生からの署名・捺印が必要)
減免額 30,000円(初年度授業料より)
必要書類
  • 入学願書Ⓐに必要事項を記入
  • 各種優遇制度適用申請書Ⓖ

菅原学園奨学金制度

制度の概要

学園独自の奨学金制度です。2年課程の場合、最大480,000円の給付を受けられます。(原則返還の義務はありません)

支給額

年額240,000円(6月中旬と10月中旬に120,000円ずつ支給)

提出書類

提出必須書類 注意事項
①世帯全員分(就学者は除く)の住民税所得・課税(非課税)証明書
令和2年分(R2.01.01~R2.12.31)
※所得金額の記載があるもの
  • 源泉徴収票、確定申告書は不可
  • 収入がない世帯員分も、その証明として必要です(就学者は除く)
②住民票謄本 世帯全員分が記載されているもの
③菅原学園 奨学金制度 利用申請書Ⓕ 表面・裏面共に記入

上記①、②、③のすべての書類を提出してください。

申請受付期間・結果通知

出願種別 申請受付期間 選考結果通知
AO入学 1期~6期 令和3年9月15日(水)~令和3年11月12日(金) 令和4年1月28日(金)に
郵送にて通知
7期 AO入学認定証受取~令和3年11月12日(金)
特別推薦入学 令和3年10月1日(金)~令和4年1月14日(金)
推薦入学
一般入学

審査方法・対象人数

書類選考(世帯収入や家庭事情等に基づき、総合的に判断いたします)・学園全体で30名程度

支給期間

修業期間中(年次更新については学業成績・生活態度・出欠状況などから総合的に判断し決定します)

注意事項

  1. ①高等教育の修学支援新制度又は日本学生支援機構奨学金制度の給付型奨学金に採用された方は本奨学金制度の対象外となります。
  2. ②学園奨学金の支給後に上記①に採用された場合、その採用日によって、支給された学園奨学金を返還いただく場合があります。
  3. ③中途退学者は支給された学園奨学金を全額返還いただきます。

日本学生支援機構 奨学金制度

申込みについて

高等学校等在学中に申請をする「予約採用」、本校へ入学後に申請をする「在学採用」の2つがあります。
進学前に奨学金の貸与及び給付可否が確定する「予約採用」でのお申込みをお勧めしています。
予約採用の募集時期については在籍高等学校へお問い合わせください。

給付型(返還義務なし)

第Ⅰ区分

支給月額 1.自宅通学  38,300円
2.自宅外通学 75,800円
家計基準(予約採用の場合の目安) 4人世帯の収入・所得の上限額の目安
給与所得者・・・・・・・271万円 (源泉徴収票の支払金額※控除前)
給与所得者以外・・・・・172万円 (確定申告書等の所得金額)

第Ⅱ区分

支給月額 1.自宅通学  25,600円
2.自宅外通学 50,600円
家計基準(予約採用の場合の目安) 4人世帯の収入・所得の上限額の目安
給与所得者・・・・・・・303万円 (源泉徴収票の支払金額※控除前)
給与所得者以外・・・・・191万円 (確定申告書等の所得金額)

第Ⅲ区分

支給月額 1.自宅通学  12,800円
2.自宅外通学 25,300円
家計基準(予約採用の場合の目安) 4人世帯の収入・所得の上限額の目安
給与所得者・・・・・・・378万円 (源泉徴収票の支払金額※控除前)
給与所得者以外・・・・・255万円 (確定申告書等の所得金額)

※奨学生採用にあたっては収入基準の他に学力基準があります。また、学力基準・収入基準(目安)内でも、採用されない場合があります。
※第Ⅰ区分・第Ⅱ区分での採用者は貸与型第一種奨学金の金額が制限される場合があります。
※給付型奨学金予約採用者は授業料減免の申請を本校入学後に行うことで授業料等(授業料・入学金)減免の対象にもなります。
※上記は昨年度実績を基に作成しています。令和4年度は変更がある可能性もありますので、独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)ホームページをご覧ください。

貸与型(返還義務あり)

第一種

利息 無利息
貸与月額 1.自宅通学  5万3千円/4万円/3万円/2万円
2.自宅外通学 6万円/5万円/4万円/3万円/2万円
家計基準(予約採用の場合の目安) 4人世帯の収入・所得の上限額の目安
給与所得者・・・・・・・747万円 (源泉徴収票の支払金額※控除前)
給与所得者以外・・・・・349万円 (確定申告書等の所得金額)

第二種

利息 上限年利3% (在学中は無利息)
貸与月額 2万円~12万円までの間で選択(1万円刻み)
家計基準(予約採用の場合の目安) 4人世帯の収入・所得の上限額の目安
給与所得者・・・・・・・1,100万円 (源泉徴収票の支払金額※控除前)
給与所得者以外・・・・・692万円 (確定申告書等の所得金額)

第一種第二種併用

利息 第一種貸与分は無利息
第二種貸与分は上限年利3%(在学中は無利息)
貸与月額 第一種奨学金と 第二種奨学金を 合算した金額(貸与月額は上記金額から選択できます)
家計基準(予約採用の場合の目安) 4人世帯の収入・所得の上限額の目安
給与所得者・・・・・・・686万円 (源泉徴収票の支払金額※控除前)
給与所得者以外・・・・・306万円 (確定申告書等の所得金額)

入学時特別増額貸与奨学金

利息 上限年利3%(在学中は無利息)
貸与月額 10万円、20万円、30万円、40万円、50万円から選択
家計基準(予約採用の場合の目安) 原則として日本政策金融公庫の「国の教育ローン」を 不採用となった方が対象(要証明書提出)

※奨学生採用にあたっては収入基準の他に学力基準があります。また、学力基準・収入基準(目安)内でも、採用されない場合があります。
※奨学金の貸与を受ける場合には、機関保証制度の保証料、もしくは連帯保証人・保証人が必要となります。
※上記は昨年度実績を基に作成しています。令和4年度は変更がある可能性もありますので、独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)ホームページをご覧ください。

高等教育の修学支援新制度

高等教育の修学支援新制度とは

主に低所得者世帯を対象に、高等教育機関(大学・短大・高専・専門学校)の入学金や授業料が減額又は免除されるものです。また、学資支援として、返還の必要がない奨学金の支給も行われます。

支援内容

①授業料と入学金の減免

減免の上限額(私立専門学校の場合)
・入学金:約16万円(上限)
・授業料:約59万円(上限)

②給付型奨学金の支給

給付額
・自宅生:38,300円(42,500円)
・自宅外:75,800円

※生活保護世帯で自宅から通学する方及び児童養護施設から通学する方はカッコ内の金額になります

支援対象者及び支援額

採用区分 対象者 年収の目安 支援額
住民税非課税世帯の学生 ~約270万円 上限額
住民税非課税世帯に準ずる世帯の学生 ~約300万円 上限額の2/3
~約380万円 上限額の1/3

※年収目安は、両親・本人・中学生の4人世帯の場合

学科シミュレーション(初年度:トリマー科の場合)

国の教育ローン

日本政策金融公庫による国の教育ローンは低利子で、入学生・在校生を問わず利用できます。

対象 進学予定者の保護者 ※世帯の年間収入要件あり
融資額 学生1人につき350万円以内
使用用途
  • 学校納付金(入学金、授業料、施設設備費など)・教科書代、教材費、パソコン購入費、通学費用、など
  • 受験にかかった費用(受験料、受験時の交通費・宿泊費など) 
  • 住居にかかる費用(アパート・マンションの敷金、家賃など)

※今後1年間に必要となる経費が融資の対象となります。
※入学資金については、入学される月の翌月末までのお取り扱いとなります。

返済期間

15年以内

元金据置期間

在学期間内 
※在学期間内は利息のみの返済とすることができます。
※元金据置期間は返済期間に含まれます。

利率
(2020年11月現在)
年1.68% 最新情報は日本政策金融公庫ホームページでご確認ください。
※利率は金融情勢によって変動しますので、借入金利(固定)は、記載されている利率とは異なる場合があります。
その他 母子家庭・父子家庭、交通遺児家庭、子ども3人以上の一部世帯、世帯年収200万円以下の方などは、金利の低減、返済期間の延長といった優遇制度がご利用可能です。
【お問い合わせ】教育ローンコールセンター TEL:0570-008656 月曜日~金曜日9:00~21:00、土曜日9:00~17:00
【ホームページ】https://www.jfc.go.jp/(利率などの最新情報がわかります)

学園提携教育ローン

株式会社オリエントコーポレーション

借入額 10万円~500万円
本校に納入する金額が上限となります。
利率 実質年率3.5%(固定金利)
返済方法 ①通常分納方式 (ボーナス月 増額可能)
②ステップアップ分納方式
在学中は手数料のみ納入し、 卒業後から通常返済
返済期間 最長12年6ヶ月(150回)
お問い合わせ先 0120-517-325(フリーダイヤル)
営業時間 9:30~17:30 (平日・土日祝 対応)
インターネットでのお申し込みが可能です
http://orico.jp/gakusapo/
〈申込コード〉 0150
〈学校コード〉 11819144 仙台総合ペット専門学校

株式会社ジャックス

借入額 10万円~500万円
本校に納入する金額が上限となります。
利率 実質年率3.5%(固定金利)
返済方法 ①月々均等払いプラン
②ボーナス併用払いプラン
③元金据置プラン
在学中は手数料のみ納入し、 卒業後から通常返済
返済期間 最長15年(6回~180回)
お問い合わせ先 0120-338-817(フリーダイヤル)
営業時間 10:00~19:00 (平日・土日祝  対応)
インターネットかお電話にてお申込いただけます
※詳細・お申込の流れについては、リーフレットをご覧ください
ジャックスの教育ローン

SMBCファイナンスサービス株式会社

借入額 5万円以上500万円以下
本校に納入する金額が上限となります。
利率 実質年率3.5%(固定金利)
返済方法 ①元利均等分割払い
②据置型分割払い
在学中は手数料のみ納入し、卒業後から通常返済
返済期間 最長10年(6回~120回)
お問い合わせ先 0120-686-909(フリーダイヤル)
営業時間 9:30~17:00 (土日祝を除く)
Web上でのお申込もできます

上記は令和2年度実績となります。詳しくは各ローン会社へ直接お問い合わせください。