就活での服装選び

2021/02/26


ここ最近寒暖差が激しく、服装選びに悩みますよね。冷え性の私は11月からももひきを愛用しています(笑)
仙台に来られる入学生の方、仙台は風が強く、そして風が冷たいです。山形出身の私ですが、仙台は山形とは違った寒さのように感じます。ぜひ防寒対策をしっかりしてください!
さて、今日の題名にもある通り、就活の服装についてお伝えしていきます。これからスーツを購入予定の入学生の方はぜひ参考にしてみてください。

スーツは無地の黒を選べば間違いなし

就職活動で現在主流となっているのが黒の無地のスーツです。本校に入学予定の方でこれからスーツを買われる方は黒の無地のスーツをおすすめします。というのは、働いてからも使えますし、冠婚葬祭どんな状況でも使いやすいからです。※目立たたない程度にストライプが入っているものや黒に近い紺色やグレーでも大丈夫です。
また、個人的におすすめなのはスーツのズボンが2着付いてくるものです。ジャケットに関しては末永く使えますが、ズボンは破れたりする可能性が大いにあります。ちなみに私も高校での公務員講習中にかがんだ瞬間にお尻の部分が裂けたことがあります(笑)※その時はバッグで隠して帰りました笑。そんなこともありますのでスーツのズボンは複数あった方がいいと思います!

ネクタイは落ち着いた色であれば大丈夫

ネクタイも様々な種類がありますが、就活では基本的に落ち着いた色であれば大丈夫です。落ち着いた色と言いましたが、無地の白・黒のネクタイは冠婚葬祭につけていくものですので避けてください。また、柄に関してもストライプ(斜めに線が入ったもの)や無地やドット柄(水玉模様)どれでも大丈夫ですが、ストライプのものを選べば間違いないと思います。

紺色系のストライプのものは間違いないです

ベルトと靴は同じ色!就活では黒で統一

スーツを購入するときにベルトと靴を同時に購入される方が多いと思います。基本的には就活の場合はどちらも黒色になります。また、就活では革靴を履く機会が多くなります。靴擦れが起きると就職活動が苦痛に感じますで、できるだけ歩きやすい靴のほうがいいと思います。面接試験等において、足元も見られますので常に綺麗に磨いておいた方が良いです。

靴を磨くものは100均などでも売っています

シャツは無地のものでボタンも縫い目も白色を

お洒落して柄が入っているシャツや、暗い色のシャツを着たくなる気持ちは分かりますが、就活では白の無地でボタンも縫い目も白色のものが常識です。連日にわたり就職試験がある企業もありますので複数枚用意していた方がいいと思います!

高価なものでなくて大丈夫

高ければ良いという訳ではありません。スーツは消耗品ですので、安いもので大丈夫です。大切なのは丁寧に扱うことです。ぜひこれからスーツを買われる方も既に持っている方もメンテナンスをしっかりしましょう。

この記事を書いた人

居駒 輝
居駒 輝
担当科目
公務員受験科目全般

公務員には事務職から公安職まで様々な仕事がありますが、共通して言えるのは地域・国に貢献したいという想いを持っていることです。総合公務員科の効率的かつ楽しい授業で学び、ぜひ愛のある公務員になりましょう!