職業実践専門課程 高等教育の修学支援新制度

職業実践専門課程とは

仙台保健福祉専門学校では、全学科が文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されています。病院・施設・団体などとの密接な連携により、独自の演習・実習カリキュラムを編成。医療、保健、保育の現場で求められる実践的な知識・技術を学び、自立した職業人を目指します。

姉妹施設も充実しています!

社会福祉法人まほろば/こどもの国幼稚園/鶴が丘幼稚園/鶴ヶ谷幼稚園/鶴ヶ谷マードレ保育園

病院や児童福祉施設などと密接に連携することにより、現場の声を活かした授業・実習を受けられます。

理学療法科では
臨床実習

病院や施設の臨床実習指導者の下で、理学療法の知識・技術・医療専門職としての態度を身につけます。

作業療法科では
臨床実習

病院や施設の臨床実習指導者の下で、担当症例の見学および評価や治療を実践します。

歯科衛生科では
臨床(臨地)実習

多職種連携を身につけるため、色々な施設での実習を行い、スキルアップにつなげます。

こども科では
現場実習

保育現場での一日の計画を立てて実践し、子どもたちの生活や遊び、保育士・幼稚園教諭の仕事について学びます。

高等教育の修学支援新制度対象校

文部科学省ではしっかりとした進路への意識や進学意欲があれば、家庭の経済状況に関わらず、大学、短期大学、高等専門学校、専門学校に進学できるチャンスを確保できるよう、令和2年4月から高等教育の修学支援新制度を実施しており、本校はその対象校です。

この新しい制度は、

の2つの支援により、大学や専門学校などで安心して学んでいただくものです。
※入学後3か月以内の定められた期日までに申し込んだ人であれば、授業料の他に入学金の免除または減額を受けることができます。

支援の対象者は、以下の2つの要件を満たす学生全員です。

世帯収入や資産の要件を
満たしていること

学ぶ意欲がある
学生であること

また、支援を受けられる金額は、世帯の収入がどのくらいか、自宅から通うか、一人暮らしか、などの条件によって異なります。

例) 私立専門学校に 自宅外から通う場合

支援額 給付型奨学金 最高約90万円/年
授業料 上限 約59万円/年
入学金 上限 約16万円/年

自身の学生生活と照らして、どのくらいの支援を受けられるか確認してみましょう。

詳しくは

文部科学省 高等教育の修学支援新制度ホームページ