わくわく便り

友達のところまで・・・?

鶴が丘幼稚園の年長けやき組が、茶道の時間に参加しました。今回は、友達にお茶を運ぶ経験をしました。こどもたちは少し緊張しながらも真剣な表情で取り組み、友達から「おいしいです。」と言われると嬉しそうにしていました。今日のお菓子は金平糖で、「織姫として一つ、彦星として一つ、合わせて2つの金平糖を取って、昨日は雨で会えなかった織姫と彦星を口の中で会わせてあげてください」という先生からのお話を受け、口の中に2つ含んだこどもたちはとても優しい顔をしていました。「竹」のお軸について「みなさんも、雪が積もっても折れずに弾き返す竹のように、難しいことや困ったことがあっても倒れない強い気持ちをもってください。」というお話を聞きました。他にも竹で作られている茶道具や遊具などについてお話を聞いたり、見たりしたことで茶道について、より興味を高めることができました。



 

ぴょんぴょん跳んでみよう♪

 鶴が丘幼稚園のひまわり組で、縄あそびを行ないました。縄を置いて跳び越えたり、部屋を作って引っ越しゲームをしたりしながら遊び、最後は縄跳びに挑戦しました。縄跳びでは「見て見て。」「3回跳べたよ。」などと喜び、友達と一緒に挑戦する様子が見られました。いろいろな遊び方を知り、とても楽しい時間が過ごせました。

アーカイブ

カレンダー

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031