わくわく便り

おいしくできました

鶴が丘幼稚園で茶道の時間を行ないました。今月は石臼体験で挽いた抹茶を使い、自分でお茶を点てました。担任が点てる様子を見ていたことで一人ひとり考えながら丁寧に点てていました。また、自分が点てたお茶は格別だったようで「甘いね」「おいしいね」と嬉しそうな表情も見られました。次回の茶道の時間は、こどもたちが保護者の方にお茶を点てます。「お母さん喜んでくれるかな」「楽しみだね」と今から期待が高まっています。




楽しい時間はあっという間

鶴が丘幼稚園のこどもたちが姉妹園のこどもの国幼稚園へお出かけをしました。バスの中では「もうすぐ着くかな」「楽しみだね」と周りを見回し、期待する様子が見られました。到着後は、ホールで劇団なるにあさんの人形劇「ねずみのそうだん」「こびとのくつや」を見せていただき、昼食後には皆でソーラン節を踊ったり、リレーをしたりしました。他にも温水プールや2階のクラスを探検し、「プールが大きいね」「お友達がたくさんいるね」と楽しいひと時になりました。

もうすっかり秋ですね

鶴が丘幼稚園で戸外あそびをしていると、こどもたちから「袋をください」と言われることがあります。何を入れるのか尋ねると「どんぐりを見つけたから入れたいんだ」「アサガオの種もあるよ」と嬉しそうに答え、今日は何を見つけたのかなと教師も楽しい気持ちになります。園庭は秋の花が咲いたり、アサガオやフウセンカズラの種が収穫できたりと季節の移り変わりが感じられ、こどもたちも自然の変化を楽しんでいるようです。

力いっぱい挽きました

鶴が丘幼稚園で碾茶を石臼で挽く石臼体験をしました。茶摘みや茶畑の写真を見ながらお茶ができるまでの話を聞いたり、茶壺を開けて中から碾茶を取り出す様子を見たりしました。実際に石臼を回すと「見て見て」「抹茶が少しずつ出てきたよ」と挽かれて出てきた抹茶に驚きや喜びを感じていました。挽いた抹茶は次回の茶道の時間でいただきます。自分たちでお茶を点てるため、「おいしくできるかな」と期待が高まっています。

 



運動会で楽しかったことは…

鶴が丘幼稚園で運動会の経験画を描きました。楽しかった思い出を尋ねると「リレーが楽しかった」「障害物競走でお兄ちゃんと競走したことが楽しかった」など笑顔で伝えてくる様子が見られ、クレパスと絵の具を使って丁寧に描いていました。中には当日飾られた万国旗や家族カードなど細かな部分まで描くこどもたちもいて、一人ひとりが運動会を十分に楽しんだことが感じられる活動となりました。

アーカイブ

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930