わくわく便り

魔法みたいだね

 鶴が丘幼稚園のひまわり組で、園庭の落ち葉を使ったこすり出し(フロッタージュ)を行ないました。葉の上に紙を置いてクーピーでこすってみると模様が浮き上がり、こどもたちからは「すごいね」「魔法みたい」という声が上がりました。これからも様々な技法を用いて活動を楽しんでいきます。

絵画から伝わる思い

 鶴が丘幼稚園では昨日と今日の2日かけて発表会の経験画を描きました。1日目はクレパスで描き、2日目は絵の具で背景や衣装などの色を塗りました。こどもたちは当日のことを思い出しながら「発表会、楽しかったよね」「うん。僕は自分が出たところを描くんだ」「私はピンクだったステージも塗ってみる」などと言いながら丁寧に仕上げていました。今後も発表会の余韻を楽しめるよう、絵をかいたり役を交換して演じたりしていきます。

○○○○の経験画

 鶴が丘幼稚園のけやき組で、いもほり遠足の経験画を描きました。「いもはどのくらい大きかったかな」「私のは、小さいけどたくさんだったよ」と、いもほりの思い出を楽しそうに話しながら描いていました。また、「絵の具で紫色を作るには…」「この色、掘ったいもの色にそっくり」と、絵の具で表現することも楽しんでいました。



もう少しで完成です

 鶴が丘幼稚園のけやき組で、キャンディーボックス製作をしました。折り紙でかぼちゃを作って牛乳パックに貼りつけ、周りにはハロウィンをイメージした絵を描きました。「この折り方で当たってるかな」「かぼちゃが出来てきたよ」と折り方を確認をしたり、「やった。おばけが可愛く描けたぞ」と完成に近づく喜びを感じたりしながら製作をする様子が見られました。今後はキャンディーも作って、ハロウィンの雰囲気を楽しんでいきます。

届け、みんなの気持ち

 鶴が丘幼稚園で、祖父母へのプレゼントが入った封筒を投函しました。園内に設置しているポストに封筒を投函すると、嬉しそうな笑顔を浮かべ「いつ届くかな」「楽しみだね」と、おじいさんおばあさんに届くことを心待ちにしているようでした。大好きなおじいさんおばあさんへ、皆の思いが届きますように。



アーカイブ

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930