わくわく便り

振り返ってみると…

鶴が丘幼稚園で、作品バックに幼稚園での思い出を描きました。こどもたちと今までの思い出を振り返りながら、楽しかったことについて尋ねてみると「動物園に行ったよね」「幼稚園の園庭で友達と遊んだことが楽しかったな」と笑顔になるこどもたちが多くいました。それぞれが思い思いに描いた作品バックを見せ合うと「早くお家に持って帰りたいな」という声が聞かれ、作品を入れて持ち帰ることへの期待が高まったようです。

春夏秋冬の大作

鶴が丘幼稚園でこどもたちと絵画製作をしました。4枚の大きな模造紙に幼稚園での春・夏・秋・冬の思い出を描くと、「春は桜がきれいだったよね」「秋に皆で食べた焼き芋が忘れられないから描くね」とイメージする構図は様々で、スタンピングやローラーペインティング、構成画等の絵画技法を用いてのびのびと表現していました。作品はわくわくルームに飾ってありますので、お迎えにいらした際にぜひご覧ください。

豆まき会の準備中です

鶴が丘幼稚園で豆まき会に向けて、自分の豆入れを作ったり、退治したい鬼を描いたりしています。大きな模造紙を目の前にし、「泣き虫鬼だから涙も描こう」「怒りんぼ鬼には筋肉をつけようか」など、友達や教師と様々な技法を用いながら工夫して描くことを楽しんでいました。豆まき会に向けて期待が高まっているようです。

塗って削ると…

鶴が丘幼稚園で当番表を作りました。今学期の当番表はスクラッチという技法を用いました。スクラッチとは、台紙を様々な色のクレパスで塗った後、その上から黒クレパスを重ねて塗り、竹串でひっかきながら描いていくという絵画技法です。こどもたちは「虹みたいに塗ろうかな」「次は黒で塗るんだね」と各工程を楽しみながら取り組んでいました。竹串でひっかく際には「きれいだね」「すごいね」と次々浮き出てくる色に夢中になる様子も見られ、完成した当番表を使って当番活動をすることに期待が高まっていました。




クリスマス会楽しみだね

鶴が丘幼稚園でクリスマスに向けて、ステンドグラスやサンタ帽子、クリスマスリースを製作しています。リースはさつまいもの収穫の際にとれたつるを使いました。こどもたちは「つるのリースにはリボンをつけたいな」「ステンドグラスの絵はツリーにしたよ」など自分なりに工夫しながら作ることを楽しんでいました。来週のクリスマス会への期待も高まっているようです。

アーカイブ

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031