ADMISSION

入学・入試関連

日本学生支援機構 奨学金制度

ご利用に際して

高等学校在学中に申請をする「予約採用」と、本校へ入学後に申請をする「在学採用」の2つがあります。進学前に奨学金の貸与及び給付可否が確定する「予約採用」でのお申込みをお勧めしています。予約採用の募集時期については在籍高等学校へお問い合わせください。

奨学金制度

 第一種奨学金第二種奨学金入学時特別増額貸与奨学金
(一時金)
給付奨学金
利息・利率無利息年3%を上限とする利息あり(在学中は無利息)給付(返済義務なし)
貸与月額自宅通学者
20,000円 から 53,000円
希望額を選択
2万円〜12万円の希望額を選択
※貸与期間中の月額変更も可能です
100,000円
200,000円
300,000円
400,000円
500,000円
から選択
自宅通学
第Ⅰ区分:38,300円(42,500円)
第Ⅱ区分:25,600円(28,400円)
第Ⅲ区分:12,800円(14,200円)
自宅外通学
第Ⅰ区分:75,800円
第Ⅱ区分:50,600円
第Ⅲ区分:25,300円
自宅外通学者
20,000円 から 60,000円
希望額を選択
申込資格日本学生支援機構の定める収入の基準範囲内であること
高等学校の最終2か年の評定平均値が3.2以上方
(本校進学後の在学採用基準)
※令和元年度例
高等学校での成績が平均水準以上の方原則として日本政策金融公庫の「国の教育ローン」を不採用となった方が対象
(要・証明書提出)
・学業に関わる基準
・家計に関わる基準
(収入基準・資産基準)
詳細はこちら

申し込みの際にマイナンバーの提出が必要になります

給付奨学金

生活保護世帯(扶助の種類を問いません。)を受けている生計維持者と同居している人及び児童養護施設等から通学する人は、上表のカッコ内の金額となります。

【お問い合わせ】

日本学生支援機構 奨学金相談センター TEL 0570-666-301 http://www.jasso.go.jp/

高等教育の修学支援新制度

文部科学省ホームページより抜粋(令和2年1月現在)

本校は文部科学省高等教育無償化(国の新しい修学支援制度)の対象校です

進学前(高等学校在学中)に日本学生支援機構給付奨学金の可否が確定する「予約採用」でのお申込みをお勧めしています。

認定要件

日本学生支援機構給付奨学金第 Ⅰ区分、第 Ⅱ区分、第 Ⅲ区分のいずれかに該当している者は本校へ入学後、所定の申請手続きを行うことで高等教育の修学支援新制度を受けることができます。

支援対象となる学生

住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生 (既に大学等に在学している学生も対象)

支援を受けられる年収と支援額の目安

区分 支援対象者 年収の目安
(両親・本人・中学生の家族4人世帯の場合)
支援額
住民税非課税世帯の学生 ~約270万円 上限額
民税非課税世帯に準ずる世帯の学生 ~約300万円 上限額の2/3
~約380万円 上限額の1/3

※左記の目安は、本人が18歳、中学生が15歳の場合です。本人の年齢によっても目安年収は異なります。
※実際には多様な形態の家族がありますので、基準を満たす世帯年収は家族構成等により異なります。支援の対象となるか、どれくらいの支援が受けられるか、日本学生支援機構のホームページで大まかに調べることができます。

日本学生支援機構 進学資金シミュレーター

申し込みに関わる要件

  • 日本国籍、法定特別永住者、永住者等又は永住の意思が認められる定住者であること。
  • 高等学校等を卒業してから2年の間までに大学等に入学を認められ、進学した者であって、過去において本制度の支援措置を受けたことがないこと。
  • 保有する資産が一定の水準を超えていないこと(申告による)。

学業などに係る要件

支援措置の目的は、支援を受けた学生が大学等でしっかり学んだ上で、社会で自立し、活躍できるようになることです。明確な進路意識と強い学びの意欲や進学後の十分な学修状況をしっかりと見極めた上で学生に対して支援を行います。

<高校3年生などの場合>

進学前の「予約採用」では、高等学校在学時の成績だけで否定的な判断をせず、高校等がレポートの提出や面談等により本人の学修意欲や進学目的等を確認します。

ミュージックスタッフ科の例

ミュージックスタッフ科に合格 給付型奨学金第 Ⅰ区分、修学支援制度第 Ⅰ区分(満額)該当の1年次納入金例
※菅原学園特待生制度、菅原学園各種優遇制度、菅原学園卒園児優遇制度に該当しない場合

学費 減免対象額 納入金 日本学生支援機構給付型
入学金 120,000 120,000 0 38,300×12ヶ月分
施設設備費 150,000 0 150,000
教材実習費 190,000 0 190,000
年間授業料 620,000 590,000 30,000
1,080,000 710,000 370,000 459,600

国の教育ローン

日本政策金融公庫が行う公的な融資制度で、日本学生支援機構との併用も可能です
長期固定金利でいつでも必要なときに申し込むことができます。

詳しい内容は、下記コールセンターヘお問い合わせ下さい
教育ローンコールセンター 0570-008656(ナビダイヤル)

項目概要
利用できる人保護者
使いみち
  • ・学校納付金(入学金、授業料、施設設備費など)
  • ・受験にかかった費用(受験料、交通費、宿泊費など)
  • ・教科書代、パソコン購入費
  • ・通学費用
  • ・在学のための住居費用(敷金、家賃など)
  • ・学生の国民年金保険料、その他
融資限度額学生・生徒1人につき350万円以内(※1)
金利
令和元年11月1日現在
年1.66%(固定金利・保証料別)
母子家庭、父子家庭、世帯年収200万円(所得122万円)以内の方または子ども3人以上(注)の世帯かつ世帯年収500万円(所得346万円)以内の方は年1.26%(固定金利・保証料別)
返済期間15年以内
母子家庭、父子家庭、交通遺児家庭、世帯年収200万円(所得122万円)以内の方または子ども3人以上の世帯かつ世帯年収500万円(所得346万円)以内の方は18年以内
返済方法

元利均等返済

  • 元金と利息を合わせた毎月の返済額が一定
    (年2回のボーナス月の増額返済も可能)
  • 在学期間中は、利息のみの返済(元金据置)も可能
申込受付時期年中いつでも可能

※1:学生・生徒ごとに350万円(海外留学資金の場合は最大450万円)を限度とし、今後1年間に必要となる費用が融資対象となります。例えば入学時に200万円の融資を受け、その後融資枠の残り150万円の融資を申し込むことが可能です。

学園提携教育ローン

ゆるやかな利用資格と簡単な手続きで必要な学費の融資を受ける制度です。

令和元年度実績となります。詳しくは各ローン会社へ直接お問い合わせください。

株式会社
オリエント
コーポレーション
株式会社
ジャックス
SMBCファイナンス
サービス株式会社
(旧社名セディナ)
融資対象者 本校に入学予定の方、または在校生の保護者の方
ご利用目的 ・学費
・研修費
・寮費
などの学校納入金
・入学金
・教材費
・授業料などの学校納入金
(寮費のみのお申込は出来ません)
借入額 10万円〜500万円 5万円以上500万円以下
本校に納入する金額が上限となります
利率 実質年率3.5%
(固定金利)
実質年率3.5%
(固定金利)
実質年率3.5%
(固定金利)
返済方法
  • ①通常分納方式 (ボーナス月 増額可能)
  • ②ステップアップ分納方式
    →在学中は手数料のみ納入し、卒業後から通常返済
  • ◇追加利用の際もお支払いを一本化できます
  • ①月々均等払いプラン
  • ②ボーナス併用払いプラン
  • ③元金据置プラン
    →在学中は手数料のみ納入し、卒業後から通常返済
  • ①元利均等分割払い
  • ②据置型分割払い
    →在学中は手数料のみ納入
    卒業後は元金と手数料を納入
返済期間 最長12年6ヶ月(150回) 最長15年(6回〜180回) 最長10年(6回〜120回)
お問い合わせ先 0120-517-325
(フリーダイヤル)

営業時間
9:30〜17:30
(平日・土日祝 対応)

インターネットでのお申し込みが可能です

〔オリコ学費〕で検索
http://orico.jp/gakusapo/

〈申込コード〉 0150
〈学校コード〉 11871167
専門学校デジタルアーツ仙台

0120-338-817
(フリーダイヤル)

営業時間
10:00〜19:00
(平日・土日祝 対応)

インターネットかお電話にてお申込いただけます

※詳細・お申込の流れについてはリーフレットをこ覧ください

Web:「ジャックスの教育ローン」で 検索

050-3827-0375

営業時間
9:30~17:00
(1月1日休み)

web上でのお申込もできます
セディナ学費ローン

オープンキャンパス資料請求