わくわく便り

あちらこちらに思いやり

 本日、鶴が丘幼稚園の年長組茶道の時間で初釜を行ないました。こどもたちからは「ホールがお茶室みたいにきれいになってるね。」「初釜は茶道のお正月なんだよね。」という声が聞かれ、楽しみながら参加する様子が見られました。
 茶会の内容は、お客さんをお招きする亭主から床の間の話やお軸の話を聞いたり、お点前がお抹茶を点てる様子を見たりしました。また、お客様の代表である正客から「大変結構なお服かげんでございます。」という言葉は、飲んだお抹茶の感想で感謝の言葉だということを学びました。最後に、本来の初釜では、大きな茶碗に入ったお茶をみんなで飲み回し、福を分け合う大福茶というものがあるということも教えていただきました。
 これからも結び柳のように、みんなとの繋がりや輪を大切にしながら元気いっぱい過ごしていきます。

 

アーカイブ

カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031