わくわく便り

願いが叶いますように…

こどもの国幼稚園では、学年ごとに、仙台七夕七つ飾りを製作し、笹竹に飾ります。年長組では、『投網』と『くずかご』を製作し、今日は『折鶴』を製作しました。こどもたちは、それぞれの飾りの意味や由来について知り、教師の見本を真剣に見ながら丁寧に製作していました。「難しかったけど、上手に折れたよ。」「早く笹竹に飾りたいな。」と七夕まつりに向けて期待が膨らんでいました。

きれいに染まったよ☺️

こどもたちと先日、七夕まつり会に向けて和紙を染めて短冊を作りました。こどもたちは「どうやって染めるの?」「どんなふうになるんだろう?」と話をし、ドキドキ、わくわくしながら作っていました。その後、完成した短冊には一人一人の願い事を書き、後日、こどもたちと笹竹に飾ります。

こうして作りました!

こどもの国幼稚園では11日の親子のつどいの日に、おうちのかたへの感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈りました。年中組では『洗濯物干し』を製作しました。ハンガーに洗濯バサミを通したり、はぎれをハンガーに何度も丁寧に巻いたりして、とても可愛いプレゼントが完成しました。
プレゼントを渡した時のおうちの方の喜ぶ顔を見て、こどもたちは大満足でした。

ぬりぬり、ぺったん!あおむしができたよ!

こどもの国幼稚園の年少組は、初めてのりを使って「カラフルなあおむし」を作りました。のりの使い方を真剣に聞き、「先生、この指を使うの?」「のりはこのくらい?」と確認しながら製作を楽しんでいました。最後には「先生、できたよ!!」の声がたくさん聞こえてきました。

明日は、あおむしの顔や周りに絵を描きます。どんな作品ができあがるか楽しみです。

 

コネコネ楽しいね♪どんなお茶碗が出来るかな?

今日はこどもの国幼稚園の年中組で進級記念品製作を行いました。陶芸家の先生をお招きし、作り方を教えていただきながら土粘土を使って茶碗作りをしました。

こどもたちは「柔らかくて気持ちいい!」「土粘土って冷たいんだね。」と土粘土の感触を楽しみながら形を作ったり、竹串で絵を描いたりと夢中になって取り組んでいました。

製作した後は先生に様々なことを質問しました。「どうやって焼いているんですか?」「土粘土はどこから持ってきたんですか?」「どうやって色を付けているんですか?」と、陶芸のあれこれに興味津々の様子でした

 

 

 

カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ