わくわく便り

たくさんお絵かきしてきたね

 

こひつじ組では、1年間で沢山の絵を描いてきました。先日、これまでにどんな絵を描いたか振り返りながら、“作品バック”に入れていきました。5月に描いた自分の顔と最後に作品バックに描いた顔を見比べ、「上手に描けるようになったね」「手も描けるようになったよ」と話していました。また、「こんな絵描いたね」「発表会の絵だ」と友達同士で見せ合いながら、振り返っていました。

作品は16日に持ち帰りますので、ぜひお子様と一緒にご覧になってください。

いろんな雪だるまができました!

こひつじ組では、三学期の当番表製作をしました。今回は、ステンシルという技法で雪だるまの絵を描き、絵の具をスポンジでポンポンしながら形ができる様子を楽しんでいました。クレパスで雪だるまの顔などを描いたときには、「寝ている顔にする」「にんじんの鼻にする」と話し、思い思いの雪だるまが完成しました。

当番表を見ながら「早く本当の雪が降らないかな」と話し、雪あそびを楽しみにしているこどもたちでした。

色が変わったよ!

年中組で絵の具の活動をしました。前回描いた発表会の絵に絵具で色をつけました。今回は混色に挑戦し、色が変わると「色が変わったよ!」と喜んだり、「面白いね。」「他の色も混ぜてみたいな。」など色が変わることを楽しむ姿が見られました。

絵の具の片付けも丁寧に自分でできるようになってきました。こどもたちと今後も絵の具の活動を楽しめるようにしていきます。

楽しかった思い出

年中組のこどもたちは、先日の発表会の絵を描きました。友達と「楽しかったよね。」「お客さんが沢山きてくれて良かった。」など先日の発表会の思い出を話しながら楽しそうに描いていました。「また発表会をやりたいな。」と話す幼児もいて、こどもたちにとって発表会は楽しい思い出になったようで嬉しく思います。

最近こどもたちは、自由あそびの時間に他のクラスの演技を教えてもらいながら一緒に踊ったり、歌ったりすることを楽しんでいます。今後も事後活動が楽しめるようにしていきます。

 

もうすぐ出番だ!!

11月19日(土)は、こどもの国幼稚園の発表会があり、年長組では劇を発表します。先日のこども発表会では、自分の役のせりふやうたを人前で元気に表現することができました。発表会活動を行う中で、劇で使う小道具やプログラムもこどもたちが製作しました。小道具製作では、友達と協力しながら、細かいところまで拘って作ったり、プログラム製作では、心を込めて丁寧に作ったりする姿が見られました。また、こどもたちは「早くおうちの人に見てもらいたいな!」「少し緊張するけど発表会楽しみだな!」と発表会当日への期待を膨らませていました。

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ