わくわく便り

今回のあおぞらタイムは…?

先週の金曜日、こどもの国幼稚園の年中組では学年集会『あおぞらタイム』を行いました。
二回目の『あおぞらタイム』では、玉入れを行ったり、フープくぐりゲームを行いました。こどもたちはホールで思いっきり体を動かすことや、隣のクラスの友達との交流を楽しんでいました。
お部屋に帰ってからも「玉入れまたやりたいな。」「あおぞらタイム楽しかったね。」と、次回のあおぞらタイムに期待を高めていました。
今後も他のクラスの友達と交流を大切にしていきます。

 

そーっと、ゆっくり、丁寧に・・・。

こどもの国幼稚園の年長組は先日、茶道の時間を行いました。

こどもたちは、「今日はどんなお話聞けるかな。」「お菓子は何だろう。」と、友達や教師と話をしながら茶道の時間に参加することをとても楽しみにしていました。

7月のお軸は『竹』です。どんなに重い雪が降り積もっても折れることなく雪を撥ね退ける竹のように、丈夫な心と身体をもちましょう、というお話を聞きました。また、茶道で使われるお道具には竹が使われているものがたくさんあることも教えていただき、こどもたちは実際にどのお道具に竹が使われているか考えながら、真剣に話を聞いていました。

今回の茶道の時間では、友達にお茶を運ぶ経験をしました。友達のところまで茶をこぼさないように慎重に運び、運んでもらった友達はいつも以上に美味しそうにいただいていました。

9月の茶道の時間は、担任がこどもたちの前でお点前を行います。

あんなこと、こんなこと、できるようになったよ!

年少組のプールの時間では、初めのうちは顔に水がかかることを恐れていたり、水中の移動が難しかったりと不安な様子が見られていました。最近では、「鼻まで水をつけられるようになったよ!」「先生、見てみて!バタバタもできるよ」と少しずつプールの中で出来るようになってきたことが多くなり、楽しんで活動に取り組んでいます。

活動では水中移動だけではなく、フラフープやボールなどを使った動きにも挑戦しています。今回は、初めてビート板を使ってビート板を水に沈めてロケットにしたり、ビート板の上にボールをのせて水中を散歩したりと友達とかかわりながら様々なことに挑戦して身体をたくさん動かしています。一学期のプールの時間も残りわずかですが、安全に楽しく活動ができるようにしていきます。

ぴちゃぴちゃ、ざくざく…楽しいね♪

最近、年少組のこどもたちは毎日砂場あそびを楽しんでいます。今日は初めて素足になって身体全体で土や水の感触を味わいながら砂場あそびをしました。砂や泥に足をつけたこどもたちからは、「気持ちいいね!」「足にたくさん泥をつけてみたよ。」という声が聞こえてきました。また、じょうろで友達の足元に水をかけ合ったり、砂場にある大きな川に足を踏み入れたりしながら裸足あそびを楽しみました。

今後もたくさん裸足あそびを取り入れ、土の感触や水の気持ち良さを感じられるようにしていきます。

自分で考えることの大切さ。

こどもの国幼稚園の年長組で茶道の時間を行いました。今月は、お箸を使ってお菓子を取り、美しい持ち方について教えていただきました。初めて扱う箸に「見たことのないお箸だった」「少し難しかった」と話していましたが、昼食の時間には、教えていただいた箸の扱い方を思い出しながら食事をしている様子が見られました。

他にも、あじさいの花や茶碗を見て梅雨の季節を感じたり、お軸の話の中で、思いがけないことが起きた時に、まずは自分で様々な方法を考えるということの大切さを教えていただいたりしました。これからも茶道を通して、お道具やお軸に込められた季節や思いを知り、様々なことを感じていけるようにします。

 

カレンダー

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ