幼稚園の紹介

園長先生のメッセージ

夏休みまで後1か月となりました

  仙台も梅雨の季節を迎えましたが、こどもたちは外あそびができる時には、砂場で泥んこあそびをしたり、鬼ごっこやリレーをしたりと元気に遊んでおります。4月に比べると、友達と関わりながら遊んでいるこどもが増えてきているように思います。また、年長のこどもたちは集団でのあそびが見られるようになり、大変うれしく思っております。一人ひとりが、友達との関わりをますます深めていってほしいと願っています。

 5月の「親子遠足」、先日の「親子のつどい」では、たくさんのお家の方にご参加いただきました。どちらの行事もお家の方と一緒に遊ぶこどもたちのうれしそうな様子を見ることができました。特に「親子のつどい」の自由あそびでは、親子で「だるまさんが転んだ」や「ドッジボール」等で、いつも以上に生き生きと活動するこどもたちの嬉しそうな顔を見ることができました。お家の方々のご協力に心から感謝いたします。

 夏休みまで後1か月となりました。これからの日々は、雨が多くなり室内でのあそびが増えると思います。怪我や事故に気をつけ、友達との関わりを深めたり、室内ならではの様々なあそびを経験させたりしながら、こどもたちにとって楽しく充実した日々となるよう保育を進めて参ります。引き続き、ご支援をよろしくお願いいたします。

 

               6月22日  記    園長 栗林 八重子