園長先生のメッセージ

園長先生のメッセージ

 平成29年酉年が穏やかな天候でスタートしました。

 幼稚園は10日に始業式を行い三学期が始まりました。式の中で年中組の代表児が楽しみにしていることとして「餅つき会・そりすべり・豆まき」と発表しました。昨年の年少時に経験した思い出からでた発言と聞いていました。

こどもたちは久しぶりに会った友だちや先生たちと嬉しそうに会話をしながら、カルタ取りやこま回し、福笑いなどのお正月あそびを楽しんでいます。待望の雪も降り、この時期ならではの雪あそびなども寒さに負けずに楽しんでいます。

 4月から数えて約10ヶ月の間にこどもたちは様々なあそびに取り組んだり、初めてのことに挑戦したりして、人と人とのかかわりやみんなで協力することの大切さ、大勢の前で自分を表現することの自信や喜びなどを身につけました。

この三学期には一人ひとりが身につけたこれらのことを一層実感できるように、日々の保育に努めてまいります。そして、年長児は小学校入学への期待、年少・中児は進級への期待を高められるようにしていきます。

 今学期も保護者の皆様のご理解とご協力をお願い申しあげます。

                                                         平成29年1月13日

    堀籠  春美