4つの理由

仙台保健福祉が選ばれる4つの理由を紹介します。

実践教育に必要な設備環境のチカラ


  • 治療室

  • 日常動作訓練室

  • 入浴実習室

  • 水治療室

  • X線室

  • 保育演習室

業界連携による職業教育のカリキュラム

例1客観的臨床能力試験×[理学療法科]
臨床の理学療法士を招き、実習前の学生に指導していただきます。実際の臨床レ ルで、客観的な到達度を把握します。
例2臨床実習×[作業療法科]
病院や施設の臨床実習指導者の下で、担当症例の見学および評価や治療を実践します。作業療法士に必要な問題解決能力を身につけます。
例3臨床(臨地)実習×[歯科衛生科]
歯科医師や歯科衛生士から指導を受けながら、実際の現場で治療や準備を行います。

夢の実現に向けた個別指導で国家資格の取得と就職内定へ

資格取得に向けて

  • 基礎学力の向上
  • 自習室の開放
  • 国家試験対策

実習に対して

  • 実習前後の手厚い指導

就職に向けて

  • 教員との強い信頼関係
  • 面接指導・各種セミナー

他力連携で分野を超えたチカラの可能性を引き出す

医療、保健、福祉、保育の世界では、一人ひとりに合わせた適切な関わりが必要となります。そこで、本校では在学科以外の科と相互連携を実施。実務経験豊富な教員による分野を超えた学びの場が人を支える力を育てます。

  • 歯科衛生科理学作業

    チーム医療でのリハビリ分野の可能性が 広がります。

  • 介護福祉科理学作業

    高齢者向けのリハビリや運動方法を学ぶことで、対応力の幅が広がります。

  • こども科理学作業

    子どもの身体・運動発達の知識を得ることで、対応力の幅が広がります。

  • 介護福祉科歯科衛生科

    高齢者を対象にした口腔ケアを学びます。 介助が必要な方への対応を学びます。

  • こども科歯科衛生科

    子どもを対象にした口腔ケアを学びます。乳幼児に対する関わり方を学びます。

分野を超えたチカラの可能性を引き出す

社会に出た後に必要な、多様性に対応する能力の習得を目指します。

©;2018 CARRER COLLEGE SUGAWARA-GAKUEN

ページの
先頭へ