こども科『おんぶの仕方』


sP1020734

本日の授業では、おんぶひもを使って赤ちゃんのおんぶの仕方を

学びました。

 

抱っこひもは赤ちゃんと身体が密着するので安心感を与えることが

でき、スキンシップを図ることもできます。

 

留意点は、長時間の使用をしない、足や胸元をきつく締めすぎない

こと。

気をつけないと呼吸を妨げたり血液循環障害を起こすことがあります。

 

sP1020735

初めてのおんぶに少々緊張気味ですね・・・。

実際におんぶをしてみると、教科書通りにはいかない難しさを痛感

する学生達・・・。

赤ちゃん(練習用の人形)に優しく「おんぶするね」「おんぶして公園

に行こうね!」などと声を掛けながら安全に慎重におんぶをしていま

す。慣れないながらも、窓に映る姿を確認しながら肩ひものよじれや、

腰ひもがきちんと赤ちゃんのももの下を通っているのかなどを確認し

ながら行っていました。

 

sP1020737

赤ちゃんをできるだけ高い位置でキープするのが背負う人への

負担を軽くするためのポイントです!

 

何度も練習を重ねる度にコツをつかんでいき、講師の援助なし

でおんぶができるようになりました。

sP1020738

 

将来の保育士のたまご達・・・講師の説明やアドバイスをしっかり

聞いて体得しています!!

sP1020750

 

 

高校1・2年生のみなさんへ

学校のことがよく分かる!
オープンキャンパス

©;2020 CARRER COLLEGE SUGAWARA-GAKUEN

ページの
先頭へ