作業療法科、2020授業スタート!

2020/05/19


休業要請、緊急事態宣言の解除が発表されました。

作業療法科は新型コロナウィルスの感染リスクをできるだけ減らす準備をして、13日(水)から授業を開始しています。

手洗い、消毒、検温など基本的な対策とともに、3密を避けるための対応の一部を紹介します。

 

まずは登校。

スクールバスは便数を増やし、定員の半分以下の乗車になるようにしています。また、朝の混雑を避けるため、授業時間を1時間ズラしました。

   

教室。

こちらも席の数を通常の半分以下に。広い校舎という利点を生かして分散しています。

  

ランチ。カフェテリアローズ。

学生にはランチ券を配布。カフェテリアが混まないように、提供されるメニューを日替わり弁当のみとし、教室や屋外で食べられるようにしています。通常は外部から一般のお客さんも入るのですが、現在は本校の学生のみとしています。味はいつもの日替わりランチと一緒。唐揚げと回鍋肉が人気。美味いです。

  

時間割の組み直し。

作業療法科は実技練習が必要になりますが、しばらくのあいだ教室で講義のみ実施。関節可動域訓練などの実技は夏以降にやることにしました。やれるところから。

  

オンライン授業の環境も用意。

第2波、3波が来たときのためですが、使わずに済むといいですね。