わくわく便り

こままわし名人がいっぱいです

鶴ヶ谷幼稚園のハミングサークルで、『独楽あそび』を行ないました。朝の自由あそびでは、「羽根つき」「福笑い」「お手玉」など、新年ならではのあそびに親しみました。

独楽は、4辺を切った牛乳パックに、クレパスやキラキラのテープで自由に模様を付けたり、独楽の軸となる部分にペットボトルのキャップを付けたりして作りました。出来上がった独楽をホールで回したこどもたちは、「くるくる回せた!」「きらきらしているね」と、回る様子や回す前との模様の変化を見て楽しんでいました。

ぽかぽか遠足日和でした♪

鶴ヶ谷幼稚園のハミングサークルで、県民の森へ遠足に行ってきました。まずは、初めての幼稚園バスに揺られながら秋の景色を眺め、ドライブを楽しみました。県民の森では、いつもホールで行なっている体操をしたり、大きな山に登ったりし、身体を動かして遊びました。そして、「黄色い葉っぱみっけ!」「赤い葉っぱあるかな?」と話しながら、落ち葉ひろいもしました。澄んだ空気と青空の下で、親子でたくさんの秋の自然に触れることができました。

カボチャにオバケ!もうすぐ何の日?

鶴ヶ谷幼稚園のハミングサークルでは、ジャック・オー・ランタンをモチーフとした「キャンディーバッグ製作」をしました。ハロウィンの雰囲気に包まれたホールにこどもたちはわくわくどきどき、大きなカボチャや、おばけの飾りに興味津々でした。製作では、テープやのりで飾り付けをし、様々な表情のキャンディーバッグが完成しました。カラーセロハンに丸めた新聞紙を包んで作ったキャンディーを入れ、親子でお菓子の交換も楽しむことができました。

 

とろとろから、ぷるぷるに・・・?

鶴ヶ谷幼稚園では、就園前のお子さんとその保護者の方を対象に『わくわくきっず 』を行ないました。今回の活動は、洗濯のりやホウ砂水を混ぜて作る「スライム製作」です。ボウルに材料を入れたり、割りばしでたくさん混ぜたりし、おうちの人と協力しながら作っていきます。とろとろの液体から、徐々にねばねばになり、ぷるぷるに固まったスライムの変化に、こどもたちは目を輝かせたり、不思議そうにしたりしながら見つめていました。できたスライムを手に取り、ひんやり冷たくぷるんとした感触を楽しみながら、様々な形を作って遊びました。

水を入れて、こねこねすると……?

鶴ヶ谷幼稚園のハミングサークルで、『小麦粉粘土あそび』を行ないました。さらさらの小麦粉に水を入れておうちの人と一緒によくこねると、もちもちの小麦粉粘土が完成しました。赤や黄色、緑など様々な色の粘土ができあがり、伸ばしたり、異なる色同士を混ぜ合わせたりと、親子で楽しく遊ぶことができました。

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ