わくわく便り

姉妹園合同茶道研修・・・抹茶茶碗作り

姉妹園の職員が集まり、茶道研修の一環で、抹茶碗製作を行いました。
村田町に在住の陶芸家、古山少吉郎先生のご指導のもと、お茶碗を作りました。
今回はろくろを使って行いましたが、お茶碗が広がってしまったり、厚さが薄くなってしまったりと、悪戦苦闘しながらも、茶碗作りの楽しさを味わうことができました。
できあがった作品を見てみると、一人ひとり形が違い、様々な抹茶茶碗が完成しましたshine.gif
今後は、少吉郎先生に釜で焼いていただき、絵付けを行います。
どんなお茶碗になるのか、職員一同楽しみですhappy01.gif

涼を楽しむ茶会

職員の茶道研修の一環として、姉妹園であるこどもの国幼稚園にて開催された『涼を楽しむ茶会』に参加してまいりました。
いたるところに“涼”を感じられる心配りがほどこされており、季節を感じながら心休まるひとときを過ごすことができました。ご亭主様から「物や道具など形あるものでのおもてなしだけでなく、大切なのは心や気持ちからのおもてなし…」というお話がありましたが、その言葉通りの心あたたまる茶会でした。
茶道にふれるひとときは、様々なことを感じたり考えたりするきっかけが数多くあります。今後も茶道の知識を深めながら、より良い保育にもつなげていきたいと考えております。


姉妹園合同研修会

19日(金)に終業式を終え、無事に1学期が終了しました。今日は姉妹園3園の職員が集まり、研修会を行いました。
学年ごとに集まって1学期のこどもたちの様子や、今後の行事の持ち方等についてを話し合い、情報交換を行いました。姉妹園の工夫や配慮を自園に持ち帰り、より良い保育を行なっていけるよう2学期に活かしていきます。

たくさんの先生方との交流を深めながら、1学期を振り返ることができ、充実した時間を過ごすことができました。
2学期も職員一同力を合わせて、保育に励んでまいります。

茶道研修「感謝の茶会」

暦の上では春となりましたが、まだまだ寒い日が続いています。少しでも春の訪れを感じていただけるように、そして先生方への感謝の気持ちを伝えようと、「感謝の茶会」を開きました。
自園の職員で主催し、お客様として、副理事長先生やマードレ保育園の先生方をお招きしました。

茶の道を広めてくださった利休さんにも感謝の気持ちを込めて、『利休立像』のお軸を飾りました。茶会を通して、利休さんだけでなく、一年間助け合いながら毎日を過ごしてきた先生方への感謝の気持ちを伝えられるよう、心を込めておもてなしをさせていただきました。

一年間を振り返りながら、心穏やかにお茶やお菓子を味わうひとときは、職員一人一人にとってとても大切な時間となりました。今後も職員一同、周りの人への感謝の気持ちを大切に、心をひとつに日々の保育に励んでいきます。



姉妹園合同研修会

今日は姉妹園の鶴が丘幼稚園を会場に、職員研修会を行いました。
各学年ごとに分かれ、2学期を振り返りながら日常の保育について、行事について情報交換をしました。
3学期もこどもたちが、より楽しく安全に園生活を送れるよう、今日の話し合いを今後の保育に活かしていきます。

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

アーカイブ