わくわく便り

心を込めて…おいしくなあれ!

 鶴ヶ谷幼稚園の年長組で茶道の時間を行ないました。お軸の話では、こどもたちと遊ぶことが大好きな良寛様の話を聞き、「幼稚園にこどもたちと遊ぶことが好きな人はいますか?」という問いかけに笑顔で「先生たち!」と答えていました。また、栗の茶碗や柿の香合、花などから秋という季節を感じていたようです。「みんなでお茶を点ててみましょう」と前回話があった通り、今回は自分でお茶を点てることに挑戦しました。先日の石臼体験で碾茶を挽いて作った抹茶を使い、茶筅を手にして、真剣な眼差しでお茶を点てていました。飲んでみると、「自分で点てたお茶はおいしいね」と喜んでいました。次回も心を込めてお茶を点てる予定です。

 

みんなで作ろう!

 鶴ヶ谷幼稚園ではもうすぐ「収穫祭」があります。クラスでは収穫祭に向けて準備をしています。ジャック・オ・ランタンづくりではどんな顔にしようかクラス毎に話し合いをして作りました。教師がみんなのイメージの顔をくり抜き、こどもたちがおたまやスプーンで中の種を掬って、個性的な表情のジャック・オ・ランタンができあがりました。また、収穫祭で着る衣装づくりにも取り組んでいます。学年ごとにテーマを決めたデザインに合わせて、こどもたちのアイディアを織り交ぜ、製作しました。「早くこれを着て収穫祭をやりたい!」という声が聞かれ、こどもたちの期待が高まっています。

 

いい香りがしてきたよ!

 鶴ヶ谷幼稚園の年長組で、石臼で碾茶を挽いて抹茶を作る体験をしました。初めて見る石臼や茶壺に興味津々で参加したこどもたちは、茶畑や茶摘みの様子や茶葉から碾茶になる過程の話を真剣な表情で聞いていました。実際に石臼を回して「重たいね」とその重みを感じたり、「いい香りがするね」「抹茶の粉がでてきたよ」と碾茶が抹茶になる様子を喜んだりする姿が見られました。
 皆で挽いた抹茶を使って、次回の茶道の時間では自分でお茶を点てることに挑戦します。

 

うんとこしょ、どっこいしょ

 鶴ヶ谷幼稚園ではさつまいも掘りを行ないました。例年お世話になっている畑のかたに「たくさん掘ってくださいね。」とお話をいただき、やる気満々で畑に向かいました。「先生、この土の下にあるから、スコップで掘ってください。」「見て!こんなに大きいさつまいもだよ。」などと、楽しみながらさつまいも掘りの経験を味わうことができました。
 今後はさつまいもの絵を描いたり、収穫祭への期待を高めたりしていきます。

 

たくさん遊んだね

 鶴ヶ谷幼稚園の年少組で姉妹園の鶴が丘幼稚園にでかけ、交流会を行なってきました。到着してすぐに、鶴が丘幼稚園の年長組のこどもたちと一緒に、園庭で『たけのこ体操』や、『だるまさんが転んだ』をして、たくさん身体を動かしました。その後も手をつないで園庭を探検したり、滑り台を滑ったり、虫探しなどをしたりと、皆で遊ぶ楽しさを味わっていました。

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ