フラワー装飾技能士3級について知ろう 

2021/07/16


フラワー装飾技能士って?

フラワー業界でも、さまざまな検定試験がありますが、その中でもフラワー装飾技能士は別格です。
日本でフラワーデザインに関する唯一の国家資格で、生花店からも高く評価されている検定試験の一つです。
1級から3級まであり、受験には実務経験が必要になりますが、本校フラワー科では実務経験なしで3級が受験でき、2年次に3級の受験を目指します。本校ならではのメリットです。

フラワー装飾技能士検定3級の課題内容について

【実技試験】
課題1 花束及びリボン 
試験時間 35分

課題2 バスケットアレンジメント
試験時間 30分

課題3 ブートニア
試験時間 20分

【学科試験】
問題数 30題
試験時間 60分

フラワー装飾技能士検定3級 本校は3年連続合格率100%

2018年、2019年、2020年、3年連続100%の合格率を誇る本校フラワー科。
2021年の結果はどうなるかな?
本校フラワー科では、少人数制で一人ひとりに直接指導することで、確実に技術を身につけます。
分からないことはそのままにせず、その場で確認して一歩ずつ前に進みます。

花が好き、興味がある方は・・・本校オープンキャンパスへお越しください

学校を直接見たい、実際の雰囲気を知りたい!試しにお花を触ってみたい!
そんな方々には、来校型オープンキャンパスがオススメ♪
体験授業は全日程異なる体験内容なので、何度来ても楽しい体験です!
来校型オープンキャンパス

自宅から花や専門学校、授業内容について知りたい!
そんな皆様には、オンライン個別相談がオススメ♪
1対1で、参加希望の方の時間に合わせ個別相談が可能です。
オンライン個別相談

まずは質問だけでもしてみようかな!そんなときに気軽に利用できるのはLINE♪
お友達登録をしてもらうと1対1のトークがすぐにできます!
気になることはLINEで質問しちゃいましょう!
LINEお友達登録

この記事を書いた人

佐藤 僚
佐藤 僚
担当科目/フラワーショップ論、フラワー実習、業界研究 など

花業界では、花を売る側と買う側の両方の視点から花を理解することが必要です。一人ひとりの習熟度に合わせ理解を深められる少人数教育を実践していますので安心して学ぶことができます。花業界で活躍するため一緒に頑張りましょう!