幼稚園の教育について

特色のある保育

あそびを大切にする保育
あそびを大切にする保育幼児期の生活はすべてがあそびです。幼児はあそびの中ですべての発達に必要な体験をしています。私たちは幼児のあそびを大切にしています。幼児があそびにのびのびと取り組めるような環境をととのえ、「生きる力」を育てる保育に取り組んでいます。
日本の美しい伝統文化にふれる茶道の時間
日本の美しい伝統文化にふれる茶道の時間日本の美しい伝統文化にふれ、感謝の心と思いやりの心を育てることをねらいに4歳児の2月から月に1回行っています。床の間に飾られたお軸や花々についてのお話を聞きながら、お茶と季節のお菓子をいただきます。
絵本の積極的な読み聞かせ
絵本の積極的な読み聞かせこどもは絵本が大好きです。絵本は大人が読んでやることで、こどもの心を豊かにするものです。幼稚園では絵本の読み聞かせに積極的に取り組んでいます。また、ご家庭でもお子さんに絵本を読んでいただきたいと思い、幼稚園にある絵本の貸し出しを行っています。
専任講師による体育の時間
専任講師による体育の時間健康な身体づくりと、身体を動かすことの楽しさを感じてもらうことをねらいに、週に1回行っています。指導はカワイ体育教室から専門的な知識と経験を持った専任の講師を招き、指導をしていただいています。
外国人講師による異文化体験
異文化にふれ、外国人と臆せず接することができるこどもを育てます。英語でのあいさつや手あそび、歌、ゲーム、絵本の読み聞かせ等も経験します。日本人のアシスタントがつきます。
室内プールでのプール活動
水を通しての身体の健康づくりを目指し、5月末から9月末まで行っています。プールは室内に設けてあり、陽射しに配慮し、水の衛生管理にも十分気を配っています。また、水に親しみ、楽しく活動できるように配慮しています。
少人数のクラス編制で一人ひとりを大切にする保育
少人数のクラス編制で一人ひとりを大切にする保育少人数でのクラスを編制し、一人ひとりに目配り、気配りのできる保育に取り組んでいます。幼児の「今ある姿」を受け入れ、感性を育む保育につとめています。
自然とのふれあいと季節感を大切にする保育
自然とのふれあいと季節感を大切にする保育木のぬくもりを大切にし、自然を感じることができるように、自然素材にこだわっています。各教室には「季節のテーブル」として、自然をテーマにしたモチーフを飾り、自然への興味が持てるように工夫をしています。また、隣接する公園や県民の森への園外保育の機会を多く持ち、自然にふれる体験を大切にしています。
給食の実施
週2回の給食の実施みんなで同じものを食べる楽しさを知らせ、偏食をなくすよい機会になればと思い、給食を取り入れています。週に2回は全員給食、1回はお弁当か給食かを選択することができます。アレルギー児への対応と配慮も実施しています。
姉妹園との交流
鶴ヶ谷幼稚園、こどもの国幼稚園との合同研修や情報交換を行い、広い視野から保育を見直し、偏りのない保育を目指しています。