VOICE ACTOR
声優科 [2年・男女]文部科学大臣認定職業実践専門課程

エンターテインメント業界の
「表現者」としてデビューを目指す!

3つのポイント

POINT
1
授業の枠を超えた
“超”実践型のレッスン

現場実習として、とっておきの音楽祭、仙台ストリートジャズフェスティバル、白石市鬼小十郎まつり、ゴスペルフェスティバルなど数多くのイベントに「演者」として参加。この他、殺陣、ダンス、ヴォーカル実習など声優だけでなくタレントや俳優を見据えたレッスンが多彩です。

POINT
2
職業実践
専門課程による企業連携の実施

声優プロダクション様からアニメ作品、ゲーム作品へのオファーをいただき、同時に業界研究やオーディション対策の指導を受けています。制作会社様からはケーブルTVの番組よりコーナーをいただき、企画構成・全員出演をするなど、ホンモノの業界で力を付けていきます。

POINT
3
年間多数の
オーディションを開催

プロダクション、レーベルメーカー、声優養成所など新人発掘の担当者をお招きし、オーディションを開催しています。その数年間約30回!普通であれば書類選考からスタートする場合でも、学生一人ひとりを見て、アドバイスやレクチャーをしてくださいます。

トレーニングや実習で実力を付け各種オーディションへ参加。
個性や表現力を磨いて、プロとして活躍できる演技者へ。

声に関する実習のほか、自己表現や台本原稿制作など多彩なカリキュラムを用意しています。ボイストレーニング・アフレコ実習・自己表現技法(演劇)など、基本からしっかり訓練した上で、台本原稿制作・シナリオ制作・ラジオ番組制作など、「声の仕事」に必要なノウハウを学びます。

CURRICULUM

●アフレコ実習
声優とはすなわち俳優であるという認識のもと、表情や身体表現も伴った演技実習を含めた上で、ラジオドラマ、アニメアフレコ、外画アフレコ、ボイスオーバー、ナレーション等の実習を行う。

●自己表現技法(演劇)
演技者として必要な基礎(肉体訓練・発声・集中力・リズム感・想像力と創造力・感情表現など)を学習しながら、それぞれを体感する。

●ナレーション実習
表現力を身につける授業。スタジオで声を録音し客観的に聴くことで、本来の自分の声(地声)や弱点を知り、繰り返し実習をすることで自らの技術を高める。

●ヴォーカル実習
リズムトレーニングや歌の発声法を学習するとともにオーディションでの歌唱対策の実習を行う。

●取材実習
取材した内容をまとめ、インターネットラジオで発信する。視聴者やリスナーが興味を持つテーマが何かを考え自分のことばに責任をもち、さまざまな角度から考えることができる広い視野を養う。

●卒業制作
オリジナルシナリオによるドラマCDの制作を通して、コミュニケーション力やチームワークを養う。

●ラジオ番組制作
ラジオ番組の企画・制作の実施。ラジオ3(76.2fm)から番組を発信することにより、ナレーション力・アナウンス力を高め、プロデュースとディレクション能力も養う。

●朗読劇
各学生の能力を考慮し、東北の文化を取り組んだ実習に挑戦。言葉の正しい使い方、意味をしっかりと把握する。

TIME TABLE

voice-ci-timetb01_2018
[例]※時間割は変更となる場合があります。

お知らせ&新着情報

一覧を見る

作品集インスタグラム
オープンキャンパス
個別相談会
進路相談会
オープンキャンパス資料請求